宮本アナ ブログ(宮本利之の如是我聞)

プロフィールを見る

昭和期の時代小説がついに完結!

第一巻を手に取ったのが1996年頃のことです。

以来、数年に一度のペースで出る新刊を心待ちにしていた小説があります。

先日、その小説の最終巻が発行され、

壮大なストーリーは幕を閉じました。

毎週木曜日に産経新聞に掲載されている

長野放送アナウンサーコラム"VOICE"に寄稿した文章を転載します。

ぜひご一読ください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「松坂熊吾」という名前を聞いて、

ピンとくる読者も多いのではないでしょうか。

作家の宮本輝さんが手がけた自伝的小説「流転の海」シリーズの主人公です。

自分の父をモデルとした熊吾と、

その家族の生きざまを描いた長編小説の最終巻が

先日、発刊されました。

「なにがどうなろうと、たいしたことはありゃあせん」

愛媛なまりで語る熊吾の言葉通り、

戦後の混乱期を知恵と工夫で乗り切った松坂一家の姿に心打たれ、

毎巻読んでいます。

15年ほど前、

軽井沢にある宮本輝さん行きつけの店を取材中、

ご本人と会う機会を得ました。

飄々とした振る舞いが、

熊吾の息子として登場する「伸仁」そのもので感激したものです。

最終巻では、

伸仁が大学でテニスを始めるくだりがあります。

大学のテニス部を舞台に描かれた

代表作「青が散る」にバトンを渡すような展開で、

ファンの一人としては、とても心に響きました。

壮大な物語を執筆していただき、ありがとうございました。