YouTube Twitter Instagram

大谷アナ ブログ(“かなえ”よう!みんなの夢)

プロフィールを見る

憧れの祖母の手に誓う

VOICE

「死ぬんじゃなくて、その最後の日まで、その人らしく生きる。

それを支えるのが、私の役目。」

NBSみんなの信州の特集でお伝えした、瀬角英樹医師の言葉です。

瀬角医師は、クリニックを運営しつつ在宅療養の患者を診る「訪問診療」をしています。

この言葉が深く染み入る現実が、私にも訪れました。

人の一生とは。生きるとは...。

深く考えさせられました。

私の最愛の「おばあ」へ。

産経新聞さんにコラムで掲載していただきました。

コロナ禍で、大切な人になかなか会えない方。

最愛の方を亡くされた方。

もどかしい思いをしている方もたくさんいらっしゃると思います。

みなさま、どうか良いお年をお迎えください!!

                

産経新聞コラム

「憧れの祖母の手に誓う」                 大谷香奈絵

皆さんには、憧れの「手」がありますか?

私は「真っ黒に日焼けしゴツゴツしていて、生き様が表れている勲章のような...」。

まさに、私の祖母のような手に憧れています。

祖母は岡山の山奥で、何もない荒れ地を耕し、米や野菜を育て、

旅館の浴衣を縫う内職をしながら子育てをし、さらに、孫の私も育ててくれました。

寝ても覚めても聞こえてくるミシンの音は、脳裏から離れません。

働き詰めた指は、力を込めて雑草を抜いたり、布を縫ったりする形に骨が変形しています。

遊びに行くといつも、そのゴツゴツの手で大きな蒸し器を使って「蒜山(ひるぜん)おこわ」を作り、特大おにぎりにして、「がんばりんちぇえ!」と励ましてくれたものです。

そんな最愛の祖母が、先日、他界しました。

おばあ。おばあが「毎日香奈の顔が見たい」というから、私アナウンサーになったんよ。

おばあのように、飾り気のない深い愛情で人に接したい。

お年を召した方にも、小さな子供にも寄り添えるような、心ある「手」、「伝え手」になるからね。

IMG-3602.jpgIMG-3601.jpg

私の手帳に書いた、おばあの手