次回予告 8月26日(土)

「炎症性腸疾患」をお送りします。

7月22日(土)放送

下肢静脈瘤

  • 松本市医師会 藤森病院 
    西牧敬二院長

  • 唐澤昌子 アナウンサー

何千年も前から知られている病気

体内血液の多くが静脈にある

あし=下肢 の静脈の役割は

静脈により血液は心臓へ

ふくらはぎの静脈は心臓「似」

下肢にできる静脈の病気

静脈に「瘤」ができるのは

症状は

診察は短時間で終了

超音波検査で診断

タイプ別の治療法

現在は血管内焼灼術が主流

手術は30分ほどで終了

傷んだ静脈は取り除く

術後2週間で症状改善

術後も予防も注意点は同じ

患部を圧迫するストッキング

専用のサポーターも市販

<まとめ> 短時間の手術で短期間に治癒可能