次回予告 12月23日(土)

「胃腸感染症」をお送りします。

11月25日(土)放送

胃がん

  • 信州医療センター 消化器内科 
    赤松 泰次医師

  • 唐澤昌子 アナウンサー

1.胃がんとは 

2.早期発見で生存率が高まる

3.右が病変の拡大写真

4.右が拡大写真

5.胃がんの主な原因はピロリ菌 

6.胃がんに特有な症状はない

7.近年は肺がん、大腸がんが増加

8.内視鏡検査が効果的

9.病変の確認と組織採取が可能

10.治療は患部の切除が主流

11.切除手術の流れ

12.切除した標本を分析

13. 胃がんの最大の危険因子

14. ピロリ菌の感染は接触が主

15. ピロリ菌はさまざまな病気に関係

16. ピロリ菌のある胃は斑点が見られる

17. ピロリ菌で胃の粘膜が荒れる

18.ピロリ菌の有無と胃粘膜の萎縮で分類

19.ピロリ菌が存在できないほど胃の萎縮が進むと危険

20.胃がんのまとめ