次回予告 6月23日(土)

「睡眠時無呼吸症候群」をお送りします。

5月26日(土)放送

依存症

  • 長野県精神保健福祉センター
    小泉 典章所長

  • 唐澤昌子 アナウンサー

1.依存症は病気

2.酒や薬物、ギャンブルに依存してしまう病気

3.酒がなくなると退薬症状(禁断症状)が現れる

4.酒、ギャンブルとも長野県内には約1万人

5.心のすきまが依存症のきっかけ

6.身体以外に生活上でさまざまな問題が発生

7.依存症は完治しないが回復はする

8.新しい生き方を身につけることが「回復」

9.グループでの活動や施設で回復をはかる

10.治療や教育を行う専門機関が存在

11.「過ぎる」を修正して、無理のない生き方を

12. 依存症の回復プログラム(神奈川県のせりがや病院が開発)

13. 長野県版の回復プログラムはギャンブルも対象

14.県内には3カ所の相談拠点

15. 参加者は増加傾向

16. ギャンブル依存症は「深追い」「嘘」「借金」が特徴

17. 本人や家族同士のグループが存在

18. まず家族が動くことが大切

19. 相談先は県内に多く存在

20. 依存症は家族とともに回復につなげる