次回予告 11月24日(土)

「心不全」をお送りします。

10月27日(土)放送

ロコモとフレイル~寝たきりにならないために~

  • 抱生会丸の内病院(松本市)
    中土幸男 院長

  • MC:樋口有紀

1.3つを克服することで寝たきり防止

2.平均寿命と健康寿命の差を縮めて健やかに生きる

3.ロコモとフレイルで35%を超える 

4.運動機能の低下を抑えてロコモを予防

5.立ち上がって3秒間保持する

6.できるだけ大股に歩く

7.25項目の質問に答えて判定

8.大変な場合は物につかまって行う

9.体重は前にかけすぎないように

10.フレイルになっても健康体に戻ることは可能

11.危険な加齢の兆候が見られるとフレイル

12. フレイルでは社会的、精神的な側面にも目を向ける

13. 握力と歩行速度の測定は重要な要素

14.筋力が低下していないかを測定

15. BIAは簡易的な測定、DXAは国際標準

16. フレイルからサルコペニアになり,さらにフレイルに

17. 頭を使ったり、外に出て活動することも重要

18. 運動によって、バランスのとれた体作りを

19. 運動が生活の質の改善につながる

20. 運動指導によってロコモとフレイルが改善

21. 寝たきりにならないための対策

22. 運動による筋力の向上で、ロコモとフレイルを改善