次回予告 7月28日(土)

「夏のウイルス感染症」をお送りします。

6月23日(土)放送

睡眠時無呼吸症候群

  • 信州大学医学部附属病院 
    呼吸器・感染症・アレルギー内科
    漆畑 一寿 医師

  • 唐澤昌子 アナウンサー

1.睡眠時の無呼吸は病気

2.10秒間以上、呼吸しないと無呼吸

3.1時間に5回以上起こると病気の恐れ

4.いびきを伴う無呼吸が大半

5.のどの周辺を圧迫するために起こる

6.窒息しないが、睡眠が十分にとれない

7.治療しないと別の病気になる恐れ

8.無治療は生存率が下がる

9.アメリカと同割合の患者がいると推定

10.自宅では簡易型で検査

11.全身に計測機器をつけて検査

12. 生活習慣病の予防が大切

13. 手術で治ることは数少ない

14.呼吸補助装置を毎晩つけて寝ると改善

15. マウスピースも改善策のひとつ

16. マウスピース装着で気道を確保

17. 一部の人は手術で治す

18. 「へんとうせん」周辺を切除する手術

19. あごを前方に移動させて気道を確保

20. 自分ではわからないため、家族の指摘が重要