YouTube X Instagram

食べた人に「福」訪れて!4年前に台風で被災…児童が育てた「ふくりんご」を販売

4年前の台風で被災した長野市長沼小学校の児童が、育てたリンゴを販売しました。

「いらっしゃいませー」

長沼地区の直売所に元気な声が響きました。

赤く大きく育ったリンゴは約900個。

4年前の台風で浸水した長沼小学校の中庭で3年生の児童が育てました。

今年は猛暑が長引いてなかなか赤くならず、収穫は2週間ほど遅れましたが、甘くおいしいリンゴです。

男子児童:
「長沼の人においしく食べてもらいたい」

女子児童:
「おいしいのでぜったい食べてください」

食べた人に「福」が訪れるよう、「ふくりんご」と名づけました。

リンゴは大きさによって3個で100円から200円。

売り上げを使って規格外のリンゴでジュースを作り、学校のボランティアなどに配るということです。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
長野放送ニュース

あなたにおすすめ