YouTube Twitter Instagram
長野放送ニュース

クマがブタ3匹を襲ったか わなにかかり…麻酔銃で撃たれぐったり 保護の観点から山に返す

  • facebook
  • twitter
  • LINE
長野県須坂市でブタを襲った可能性のあるクマが3日、わなにかかっているのが見つかりました。4日、県や市が麻酔銃で眠らせたうえで山に返しました。

麻酔で眠らされたクマ。体長140センチ、体重85キロの雄です。豚舎のブタを襲った可能性があるとして3日、わなで捕らえられたクマです。クマが出たのは山あいの須坂市亀倉地区です。

(記者リポート)
「豚舎の壁には、クマの足跡とみられるものも残っています」

豚舎の持ち主の男性によりますと、7月20日から23日にかけ3匹のブタが相次いでいなくなりました。豚舎の近くにわなを仕掛けたところ、3日朝、クマ1頭がわなにかかった状態で見つかったということです。

そして4日午後、県のクマ対策員や市の職員が現場に。

(記者リポート)
「いま、麻酔銃を持って、わなの方へと向かっていきます」

保護の観点から駆除はせず、麻酔銃で眠らせ山に返します。

(記者リポート)
「いま、麻酔銃が撃たれました」

そして…

(記者リポート)
「麻酔銃が打たれてから10分程経過しました。クマがぐったりとした様子でわなから出てきました」

このクマがブタを襲った個体かどうかは分からないものの、市は何らかの関係はあるとみていて、耳に識別するためのタグも付けました。

豚舎の持ち主・市之宮一之さん:
「安心できない、まだ。(以前にも被害があって)まだ出てきているからと、わなやったんだから」

須坂市農林課・波岸康幸さん:
「人間のエサを与えないような管理が一番大事だと思う」

市は山にエサがなく、人里までおりてきてしまった可能性が高いとみています。

あなたにおすすめ