YouTube Twitter Instagram
長野放送ニュース

非がない女子生徒を突然、殴る 中学教諭「イライラして反射的に…」 こぶしで脇腹殴りけが負わせる

  • facebook
  • twitter
  • LINE
長野市の中学校で1日、50代の男性教諭が女子生徒の脇腹を殴りけがをさせました。市教委が詳細を調べています。

暴力行為があったのは長野市の中学校で2年生の担任を受け持つ50代の男性教諭です。

市教委によりますと、1日朝の学活後、教室の入り口で話しかけてきた女子生徒の左脇を突然、こぶしで殴り打撲を負わせました。

教諭は当時、クラスの別の生徒と廊下でやりとりした直後、教室に戻ろうとしていました。「イライラして反射的に殴ってしまった」と話したということです。

教諭は女子生徒と保護者に謝罪し、1日夜は保護者会でも説明しました。

市教委は「非がない生徒に突然、暴力行為を行った」として詳細を調べ、県教委に報告するとしています。

(画像 資料:長野市役所)
記事一覧へ

あなたにおすすめ