小麦粉の"代替"で需要高まる『米粉』 天ぷら、ニラせんべい...プロがおすすめレシピ紹介

小麦粉の"代替"で需要高まる『米粉』 天ぷら、ニラせんべい...プロがおすすめレシピ紹介
ウクライナ情勢などで小麦粉の国際価格が上昇し、その「代替品」として「米粉」の需要が高まっています。実はヘルシーな一面もある米粉。お薦めの料理レシピも紹介します。

長野県辰野町の「瀬戸ライスファーム」。水田およそ42ヘクタールでコシヒカリなどを年間200トン余り、生産・販売しています。

加工品も手掛けていて今、売上げを伸ばしているのが...

瀬戸ライスファーム・瀬戸真由美さん:
「落ちたコメが鉄うすでひかれて粉になって出てくる」

自家製の「米粉」です。(米の粉 微細粉 500g340円、1kg560円)

粒が欠けていたり、未熟だったりして販売できないコメを無駄にしないよう、10年ほど前から製粉を始め、直売所などで販売。

コロナ禍に入ってから売り上げが好調で、4月の販売量は前年の1.5倍となりました。(2021年4月80kg→2022年4月125kg)

瀬戸ライスファーム・瀬戸真由美さん:
「ここ2、3年はコロナ禍から結構、需要が増えてます。家庭でお菓子作りとか料理をする方が増えたり、輸入小麦(の値段)が上がってるのが要因かなと」

小麦は主要産国の不作に加え、ウクライナ情勢もあって国際価格が上昇。政府の輸入小麦の売渡価格は2022年4月、2021年10月期の価格から17.3%引き上げられました。

小麦粉の代わりとして米粉が注目される状況に生産者は...

瀬戸ライスファーム・瀬戸真由美さん:
「コメの消費量が減ってる分、米粉の需要が増えてありがたい」

歓迎の声は北信濃でも。飯山駅構内の土産物店に並ぶロールケーキやシフォンケーキ。いずれも米粉スイーツです。作っているのは、弁当や米の加工品などを販売する「農村木島平」。

農村木島平・瀧沢豊美社長:
「これがシフォンケーキ。すべて100%米粉で」

コメの消費が落ち込む中、2016年から地元・木島平の米粉を使ったスイーツづくりに力を入れています。

国産米の安心感や、アレルギー反応の一因となる場合があるグルテンが含まれていないこと、さらに研究を重ねた「しっとりふわふわ」の食感が評価され売り上げは右肩上がり。

現在はタルトやガトーショコラ、シュークリームなど12種類30品目を扱っています。

さらにここに来て、淡路島や山形など県外から米粉スイーツの開発依頼が舞い込んでいます。

農村木島平・瀧沢豊美社長:
「国内でコメを作れる土地はまだまだたくさん残っていますし、コメを使ったスイーツを増やすチャンスが来ている」

注目度上昇中の米粉。家庭でも手軽に、しかもヘルシーに取り入れることができます。作り方をクッキングコーディネーターの浜このみさんに教えてもらいました。

アナウンサー:
「きょうはどんな料理を紹介してくださるんですか?」

浜このみさん:
「おかずからデザートまで全部、網羅したいと思います。とても簡単なので、チャレンジするにはとてもいいレシピ」

紹介するレシピは3品。最初は...

浜このみさん:
「今が旬の山菜の天ぷらを作っていきたいと思います。タラの芽とコゴミを用意して、あとはアスパラも旬ですよね。アスパラはウインナーと一緒にかき揚げにしたいと思います」

よりサクサクにするため、今回は卵の代わりにマヨネーズを使用。

「1」まず水とマヨネーズを先に混ぜ合わせます。

「2」そして、主役の「米粉」を投入。小麦粉ほど粘り気がないため、よく混ぜ合わせるのがコツです。

浜このみさん:
「小麦粉だと、このくらいでやめてしまうところ。でも米粉はちゃんと混ぜます。粉気がなくなるまできれいに混ぜてしまいます。そこが違いですね」

揚げるときにも、小麦粉との違いが...

浜このみさん:
「米粉の場合はどちらかというと、このようにちゃんとつけてしまっても大丈夫です。たっぷりついていても油の吸収が少ないので、意外とカラッと揚がるんです。結果的に、油をあまり摂取しないで揚げ物が食べられるので、ヘルシー」

米粉は油の吸収が少なく、天ぷらもヘルシーに仕上がります。

「3」かき揚げのアスパラとウインナーは細かく5ミリほどに切り、衣の中へ。油に入れる際はスプーンを使うと便利です。

「4」周りが硬くなってきたら揚げ時です。

浜このみさん:
「米粉の山菜天ぷらの完成です」

かきあげを試食...

アナウンサー:
「普段、食べている天ぷらと味はほぼ変わりないです。ただサクっと感、カリっと感が増していますね」

続いては、郷土食の「ニラせんべい」に挑戦。

浜このみさん:
「それではまず材料を混ぜていきましょう。まず米粉です。1カップ入ります。きょうのポイントの食材なんですけど、なめ茸です。米粉の場合は少し粘り気が少ないので、粘り気を補うという意味で、それから味付けにもなっています。ちょうど今、ニラが旬なんです。なので、ニラたっぷり入れて食べてもらえれば、栄養的にも優れています」

他に卵と牛乳、さらに浜さんは、固形のチーズも入れて混ぜていきます。

浜このみさん:
「ところどころチーズの味がして、おいしいんですよね」

フライパンにごま油を敷き、生地を10センチほどの小判型に伸ばします。

浜このみさん:
「あまり大きいと、これひっくり返すのが大変なんですよね。特に米粉の場合は、つながりが全体的に弱いので、小さくしておいてほうが扱いやすいと思います」

両面をこんがり焼いたら、ニラせんべいの完成!

アナウンサー:
「米粉だからか、生地がもっちりしてますね。しっかり味が付いていて、ニラの風味もまた最高です」

最後はスイーツ。混ぜて焼くだけの簡単どら焼きです。

「1」米粉、卵を加え、生地をしっかり混ぜます。

浜このみさん:
「生地の目安は、大さじですくったときに、たらーんと自然に落ちてくるくらいがいいと思います」

「2」フライパンを温めて、油を薄く塗ります。

「3」濡れ布巾の上で粗熱を取り、直径5センチくらいになるように生地を落としていきます。

浜このみさん:
「ぽとーんと落としますね」

「4」両面がきつね色になったら生地の出来上がりです。

「5」間にあんこやジャム、生クリームを挟めば、見た目もキュートなどら焼きの完成です。

アナウンサー:
「あんこを挟んだどら焼きをいただきます。ふわっふわ!生地自体がすごく弾力があって、ふわっとしています。生地にあんこと生クリームの相性抜群!」

小麦粉の代わりになり、しかもヘルシーな米粉。最近のものはきめが細かくて扱いやすく、家庭での出番はますます増えそうです。