大学入学共通テスト始まる 消毒、換気、不織布マスクへの変更など感染対策を徹底 

大学入学共通テスト始まる 消毒、換気、不織布マスクへの変更など感染対策を徹底 
15日、大学入学共通テストが長野県内の会場でも始まりました。

新型コロナウイルスが急拡大する中、あす16日まで行われる共通テスト。
松本市の松本大学の会場では、消毒や換気の他、受験生のマスクが不織布どうかを確認、ウレタン製のマスクの場合は不織布のマスクに変更させていました。

県内のテスト会場は14ヵ所で、約9500人が志願しています。