ギネスに挑戦! 世界一長い鉄板で焼き肉 長さ11.29m "焼き肉の街" 飯田市が全国にPR

ギネスに挑戦! 世界一長い鉄板で焼き肉 長さ11.29m "焼き肉の街" 飯田市が全国にPR
きょう11月29日は「飯田焼肉の日」。焼き肉の街を全国にPRしようと、世界一長い鉄板で焼き肉をするギネス記録に挑戦しました。結果はどうだったのでしょうか?

おいしそうな焼き肉。

参加者:
「おいしい!」

飯田市で開かれた焼き肉のイベントです。ただ、この鉄板...長さが11.29メートルもあります。

人口1万人あたりの焼き肉店舗数が全国一位とされ、11月29日を「飯田焼肉の日」と制定した飯田市。

その文化を全国にPRしようと29日「世界一長い鉄板で焼き肉をする」というギネス記録に挑戦しました。

実行委・中田泰雄副委員長:
「次のステップとして地域外にいかに発信していくかが課題になっていた。そこでギネス、世界記録を活用して今回の取り組みにつながった」

鉄板は地元の鉄工所が担当。14日から作り始めました。

戸崎鐵工所・戸崎敬さん:
「これで肉を焼いてみたらどんな味がするか期待もありますし、飯田の文化を世界中に発信できることは夢のあること」

費用はクラウドファンディングでおよそ280万円を集めました。

およそ3メートルの鉄板4枚をつなぎ合わせました。そして26日に完成。11月29日に合わせ長さは11.29メートル。重さはおよそ500キロにもなりました。

本番を迎えた29日、鉄工所から慎重にトラックに載せられ会場に運ばれました。

イベント本番。20カ所にガスコンロを設置し、長~い鉄板の上で地元産のマトンや南信州牛を焼きました。

参加者:
「最高です」
「柔らかくておいしいです」

地元出身で焼肉大使も務めるものまね芸人「ニッチロー」さんも参加。

ものまね芸人・ニッチローさん:
「世界一」

そして...

ギネス公式認定員:
「鉄板の長さは11.29メートルでギネス世界記録認定です」

見事、「世界一長い焼き肉用の鉄板」としてギネス記録に認定されました。

実行委・中田泰雄副委員長:
「毎年、大きく夢を持って世界に発信できる企画を実行できたらと思っています」