ラーメンは「ギリギリの価格設定」 駅近くに店構え半世紀 コロナ禍も...親子で踏ん張る『町中華』 

ラーメンは「ギリギリの価格設定」 駅近くに店構え半世紀 コロナ禍も...親子で踏ん張る『町中華』 
特集は親子で営む中華食堂です。長野県・上田駅の近くに店を構えて半世紀。確かな味と良心的な値段で人気です。コロナ禍も親子で踏ん張る"町中華"を紹介します。

熱々の麻婆豆腐をラーメンに...。こちらは野菜たっぷりのあんかけ焼きそば。

上田駅のお城口側・天神通りにある「中華・モリタ」。手頃な価格でお腹いっぱい食べられる、いわゆる"町中華"です。

客:
「リーズナブルでボリュームもある」
「いつも実家に帰ってきた感じで食べに来られるところだなと」

主は森田高次さん(77)。ラーメンやあんかけ焼きそばなど、昔ながらの味を守っています。

長男・忠さん:
「これ担々麺、練りごまと豆板醤が主」

長男の忠さん(43)は、四川料理の味を取り入れたメニューを担当しています。店はことしで54年目。コロナ禍を、親子で腕を振るう自慢料理で乗り切ろうとしています。

オープンは昭和43年。都内の中華料理店などで経験を積んだ高次さんが24歳の時に、実家である今の場所に店を出しました。当時は多くの飲食店がひしめき合い、競争は激しかったそうです。

森田高次さん:
「卵で24歳でしたから無我夢中で、どうなるのこうなるのって問題じゃない。朝8時半から夜中の2時までがんばって、だんだんお客さんもついてきた」

その後、景気低迷や郊外の店に人が流れた影響で、駅前に昔からあった飲食店はだいぶ減りました。「モリタ」が荒波を乗り越えることができたのは、味はもちろんですが、価格に理由があります。

しょうゆラーメンは現在、520円。これは消費税が10%になったから。税抜き価格にするとワンコイン以下。

ここ15年ほど、実質的な価格はほとんど上げていないのです。通ってくれる客のため、ラーメンは「ギリギリの価格設定」にしています。

森田高次さん:
「常連さんが来てくれている。ラーメンに関しては儲けなきゃいけないという考えではない。ひとつくらい安くてもいいじゃないかと」

店の地下に安さの秘密がありました。

森田高次さん:
「これで作るんだよね」

店の麺は40年以上、こだわりの自家製麺。仕入れるよりも安く抑えることができるそうです。

森田高次さん:
「(自家製麺だと)つるつるで、のどごしがいい」

客:
「昔ながらの中華そばみたい。今、なかなかこういうのを食べられない」

店は13年前、一気にメニューが増えました。長男の忠さんが、新たな風を吹き込んだからです。専門学校卒業後、一度は製造業についた忠さんですが...

長男・忠さん:
「物心ついたときからここにいたので日常というか、心に残ってたものがあって、このお店を守りたいではないけど、自分もここでやっていきたい。1回、外に出て思ったのがきっかけ」

父親の後を追って料理人の道へ。都内の四川料理店で修業を積みました。

13年前、店に入ると甘みが特徴のテンメンジャンを生かした辣醤麺(780円)や...麻婆麺(750円)など新たなメニューを導入しました。

客:
「あとに残る辛さではなくて食べやすい辛さ」
「いい味してる。(食べられるところが)意外と少ないんですよね」

森田高次さん:
「素晴らしいと思う、私にはできないことだから。このメニューだけでも食っていけるようなおいしいものを作っていけば、それはそれでいい」

黙々と厨房で料理を作る親子。二人を見つめてきた母・あき子さんは...

母・あき子さん:
「あんまりしゃべらないんですけど、通じ合ってるんじゃないですか。息子が逆らわないから、うまくいってるんじゃないですか」

店は今、コロナの影響を受けています。

長男・忠さん:
「客足が全然、途絶えちゃって半分...。感覚では3分の1くらい」

ランチと並び売り上げの柱だった夜の宴会は1年以上、中止。上田圏域は感染者の急増で度々、時短要請の対象となり特に厳しい状況が続きました。それでも時短要請の期間も休まず店を開けてきました。

長男・忠さん:
「常連さんがその中でも来てくれるので変わらずに。ワクチンをやっと2回受けたよと言って、また来てくれるお客さんもいる」

この日の夜も...

客:
「電車通勤なもんで、駅から近いので助かっている」
「安くて焼きそばが好きで、これからまだまだ続けていってもらいたいなと」

森田高次さん:
「こうやって来てくれれば張り合いもある。ありがたいわな」

昔ながらの味を守る父親。修業して新定番を作った息子。コロナ禍、親子で踏ん張る"町中華"です。

長男・忠さん:
「80周年、目指します」

森田高次さん:
「(Q.まだまだいける)やりますよ!当然ね。辞める気はない、せっかくやったんだから。1日おき、毎日という客もいる。そういう方のためにも、頑張ってやらなくちゃ」