ラッピング電車 愛称は「れいんどりーむ号」 上田電鉄別所線の開業100年記念

上田電鉄別所線が開業100周年を記念して運行しているラッピング電車の愛称がきのう13日、「れいんどりーむ号」と発表されました。

上田電鉄・別所線を走るラッピング電車。

塩田平に伝わる「雨乞いの儀式」や「龍」にちなんだデザインです。

「雨」を表す「レイン」にちなんだ愛称は富山県の大学生によるもので、278件の応募から選ばれました。

乗客:
「(2年前の)大惨事があったことの後ですから、希望のある名前だと思う。良いんじゃないでしょうか、オシャレで」

2年前の台風19号では、別所線のシンボルの「赤い鉄橋」が崩落・・・。

1年半後の今年3月、鉄橋が復旧し、全線で運行を再開しました。

今年は別所線開業から100年。

関係者は、観光の振興につながればと期待します。

上田電鉄・山本修社長:
「多くの方に興味を持ってもらい利用していただけるとありがたい」