ショートトラック全日本距離別選手権 女子500M 菊池純礼選手が4連覇達成

スピードスケートのショートトラック・全日本距離別選手権で25日、長野県南相木村の菊池純礼選手が女子500メートルで4連覇を果たしました。

北京オリンピックにつながる大事なシーズンが始まりました。女子500メートルの決勝で、菊池純礼選手(富士急)はスタートからトップを譲らない盤石の滑り。この種目で4連覇を果たしました。

3位には姉の菊池萌水選手が入りました。