多様性を尊重 「ジェンダーレス制服」 県内でも広がる!? スカート、スラックス、リボン...自由に選べる

多様性を尊重 「ジェンダーレス制服」 県内でも広がる!? スカート、スラックス、リボン...自由に選べる
特集は学校の制服です。男女の差がないデザインのいわゆる「ジェンダーレス制服」の導入が全国的に広がっています。多様性を尊重しようと長野県内でも導入する動きがあります。2つの学校を取材しました。

白馬村の白馬中学校。

「似合うじゃん」

生徒が熱心に見比べているのは、導入を検討している新しい制服の見本です。

スカートは別ですが、いずれもブレザーとスラックスのデザイン、色、柄に大きな男女差がない、いわゆる「ジェンダーレス制服」です。

白馬中学校・後藤理教頭:
「いろんな子たちがいる白馬中学校。多様性をお互い認め合った生活をしていってほしい。そういう意味でも、ジェンダーレス制服にしていくのは価値があるのでは。男子なら男子、女子なら女子という枠がない(制服)と認識しています」

現在の制服は、男子は学ラン、女子は紺のブレザーにスカート、胸に赤いリボンをつけています。

スキーリゾートとして海外でも知られる白馬。外国人の保護者を持つ生徒も多く、中学校では多様性を尊重する教育を進めてきました。来年度・2022年度の新制服の導入でも教員・生徒からジェンダーレス化の提案があったということです。

新制服の色や柄はこれから決めますが、スラックスにするかスカートにするかは生徒の自由。ネクタイやリボンも選べるようにします。生まれたときの性と自認する性が異なる「トランスジェンダー」などへの配慮です。

先生:
「『ジェンダーレス制服』でいいと思う人は手を挙げて」

17日は来年度入学予定の小学6年生6人と中学校の1・2年生3人から意見を聞く機会を設けました。

入学予定の児童(小6):
「ネクタイとかズボンとか選べるのはとてもいいと思いました」
「ジェンダー平等を実現しようという目標も達成できるのでいいなと思いました」

中学生:
「ネクタイをつけてみたい、ズボンをはいて学校に行きたい人もいるからいい」
「(女子が)冬は足元が寒いといっている子もいたので、何かできることはないかなと思っていた」

導入されれば県内の公立中学校では初めてとみられるジェンダーレス制服。白馬中学校では、今後も児童や生徒の意見を聞きながら導入するか正式に決定することにしています。

「ジェンダーレス制服」は長野市でも...。

長野日大中学・高校では、来年度・2022年度からブレザースタイルの新制服を導入します。

現在の制服は男子は「学ラン」、女子は「ジャケット」に「ジャンパースカート」ですが、新制服はベージュのブレザーに統一。

こちらも男女を問わず、スラックスかスカート、リボンかネクタイを選ぶことができます。

長野日大中高・添谷芳久校長:
「(卒業生から制服に)違和感を在学中に感じていたというのを耳にする機会があった。ジェンダーレス、性的マイノリティーの問題に正面から取り組んで、新しい時代の制服を作っていく必要があるかなと」

長野日大中学・高校は、先月、国連が提唱する持続可能な開発目標「SDGs」を進める県の「推進企業」に認定されました。県内の小・中・高校では初めてということです。

「ジェンダー平等の実現」はSDGsの一つで、新制服導入には生徒も検討に加わりました。

中学3年生:
「ジェンダーの問題があるので、私たちから変えていきたいなと」
「(ジェンダーに悩む人などが)不快な思いにならないように、学校生活が今まで通り送れるように、こういう制服にしていきたいなと」

長野日大中高・添谷芳久校長:
「これからを担う若者たちが社会をつくっていくわけですから、中学生高校生が率先してジェンダーの問題に取り組み考えていくことが、未来をつくっていくことになるかなと」

多様性を尊重する「ジェンダーレス制服」。県内でも広がりそうな気配です。