かわいいと評判! 女性建築士が月2回「限定パン店」 趣味が高じ研究重ね...母も後押し 

かわいいと評判! 女性建築士が月2回「限定パン店」 趣味が高じ研究重ね...母も後押し 
特集は月に2回だけ営業するパン店です。長野県東御市の建設会社で建築士として働く女性が会社1階のスペースに店を設置。食べるのをちゅうちょしてしまうほどかわいらしいパンが人気です。

ウインナーを抱えたクマにアザラシ。動物の顔が描かれたかわいらしいパンが並ぶのは、東御市にある「nicopan」です。

nicopan・関昌子さん:
「今度はネコです」

作っているのは関昌子さん。

店名の由来をたずねると...。

nicopan・関昌子さん:
「一番はかわいいパンとかニコッてできるパンを目指してやっている。ニコニコしてもらいたい、ニコッからニコパンにしました」

手に取る側も、思わず笑顔になってしまうパン。女性客を中心に人気です。

客:
「めちゃくちゃかわいい、全部かわいい」

店には、もうひとつ大きな特徴があります。

客:
「最初は夜のパン店だったの、月に2回の」

店の営業は毎月第1・第3土曜日だけ。しかも開店当初は夜7時のオープンでした。(現在は午後4時)

パンは人気ですが営業は月2回限定。これには訳があります。パン店が入る建物の2階は建設会社の事務所。

平日、その事務所をのぞいてみると...。

共栄建設・関昌子さん:
「施工計画表というか、これから工事するにあたっての書類を作ってました」

関さんが働いていました。実は、関さん、母親が社長を務めるこちらの建設会社で20年以上働いていて、2級建築士の資格もあります。

趣味でパンを作っていて、いずれ店を持ちたいと思っていた関さん。仕事のこともあり「定年後に落ち着いたら」と考えていましたが、忙しい女性などに向け、夜や夕方にオープンするパン店を思いつきました。

共栄建設・関昌子さん:
「(自身が)パン店とかなかなか行けなくて、午前中で大体終わってしまうので買いに行けないということもあるし、皆さんに楽しんでほしいなと」

同僚:
「パン店やりたいという話はしていて、やればいいじゃんとみんなで放置していた。本当にやりたかったら、やりたいと言ってくるよねと言った。そしたら本当にやりたいみたいでどうしようと」

背中を押してくれたのは、社長の母親・公子さんでした。

昌子さんの母・公子さん:
「好きなことだったので10年以上練習してきたり研究してきたから、定年になって10年後なんて言うとどうなるかわからないので場所だけつくってあげた。場所をつくっちゃったからやらざるを得なかった」

デザインや設計はお手の物。「社長」の一声もあり、会社が経営する1階の家具店の一画をパン店に改装し、おととし2019年にオープンしました。

日々の仕事も考慮し、営業は月2回。18日は9月最後の営業日でした。

午後4時オープン。

nicopan・関昌子さん:
「すみません、お待たせしちゃって、雨の中」

コロナの影響で夜、出歩く人が減ったため、オープンを夕方に早めましたが、客足は途絶えません。客のお目当てはかわいらしさ抜群のパン。

ウインナーを抱えた「だっこくま」に、殻に見立てたクッキー生地から顔を出す「ひよこのメロンパン」など、この日は10種類ほどが並びました。

一番人気はクマの顔が四つ描かれたちぎりパン。中にはチョコレートがたっぷり入っていて小さな子どもに人気です。

(記者リポート)
「クマたちの顔がかわいいので少しばかり切ないですが、ちぎっていただきます。やわらかい生地の中にチョコがぎっしり入っているので、とても食べ応えがあります」

1日に売るパンは100個。営業日ごとに種類を入れ替えていて、期間限定など、これまでに50種類ほどを生み出してきました。

nicopan・関昌子さん:
「前の日とかはなんでやっちゃったんだろうとか思うが、お客さんが来て笑顔で帰っていくとうれしいのでやってよかったとか、次回は何焼こうとか楽しみがでてくる」

客は...。

青木村から:
「癒される。見ているともやもやとかも癒されちゃって、食べるのごめんねと言いながら食べちゃう、癒しの時間」

東御市から:
「この時間からやっていれば買いに来られますよね」

あまりの人気ぶりに...

nicopan・関昌子さん:
「今ちょうど完売で、食パンしか残ってなくて」

客:
「えっ、本当ですか」

社長の公子さんも店を手伝いながら月に2回、慌ただしい土曜日を過ごしています。

昌子さんの母・公子さん:
「お客さんには感謝ですね」

nicopan・関昌子さん:
「月2回、覚えていて来てくれて」

昌子さんの母・公子さん:
「名前もよかったかなと」

コロナ禍、パンで癒しを...。関さんは、これからも建築士の仕事もしながらかわいいパンを焼き続けます。

nicopan・関昌子さん:
「みんなにも嫌なことだって大変なことだって多いので、パンの一個ででも喜んでもらえれば。ニコッていうか気分が明るくなってもらえれば一番うれしい」