昔ながらの「馬耕」を体験 青空の下で親子連れが楽しむ 「土がゴリゴリ掘れた」

昔ながらの「馬耕」を体験 青空の下で親子連れが楽しむ 「土がゴリゴリ掘れた」
3連休の最終日。長野県安曇野市では青空の下、親子連れが馬耕を体験しました。

馬を使って田畑を耕す「馬耕」。20日、安曇野市の「国営アルプスあづみの公園」で体験会が行われ、親子連れなどが参加しました。

スタッフ:
「うまいうまい、なるべく新しい所を狙って」

馬につないだ犂(すき)をしっかり持って土をゆっくり掘り起こします。

参加者:
「馬がかわいかった」
「ゴリゴリ掘れたのが気持ち良かった。すいすい進んだ」
「トラクターで耕しているところしか見たことがなかったので、普段できない体験ができて良かった」

体験会は昔ながらの農作業を知ってもらおうと、2016年から毎年開かれていて今年で6回目です。参加者は馬と触れ合いながら秋の休日を楽しみました。