【特集】信州で夢実現!「ヤギチーズ」召し上がれ "ハワイ仕込み"女性オーナー自慢の味

【特集】信州で夢実現!「ヤギチーズ」召し上がれ "ハワイ仕込み"女性オーナー自慢の味
特集は「ヤギのチーズを作る」という夢を実現させた女性です。5年前に愛知県から長野県南木曽町に移住。新型コロナウイルスの影響を受けながらも、ハワイ仕込みの作り方で濃厚な味わいのチーズを提供しています。

ヤギに囲まれる三輪亜希子さん(48)。南木曽町で約40頭のヤギを飼育する牧場主です。

三輪亜希子さん:
「(ヤギは)人懐っこいですよ。それで興味持ったってのもある」

新鮮なヤギのミルクでさまざまな種類のチーズを作っています。

三輪さんは2019年に自身の牧場「MAUKA LANI GOAT FARM」(マウカ・ラニ・ゴート・ファーム)をオープンさせました。「マウカ・ラニ」はハワイ語で「山にある天国」という意味です。

三輪さんのヤギチーズの原点はハワイにあります。三輪さんは名古屋市の出身。子どものころから動物好きで、市内の外国語専門学校で働いた後、畜産を学ぼうと35歳でハワイ大学の農学部に入学しました。

三輪亜希子さん:
「大学の農場にヤギがいて、同時期にヤギのチーズを食べた。すごくおいしくて、ヤギの持ってる可能性を面白いと思って、いろいろ勉強するようになった」

卒業後もインターンとして現地のヤギ牧場へ。そこでチーズ作りを学びました。

三輪亜希子さん:
「メインはヤギの世話だったけど、時間のある時にチーズ工房に入ってボスのチーズ作りを見学したり、いろいろ教えてもらっているうちに自分でもやってみることができたらいいなと思って」

帰国後、しばらくしてから夢の実現に近づく信州との縁ができました。

三輪亜希子さん:
「ハワイから帰ってきて、自然が豊かなところが恋しくなって、友達に話をしたら、友達が遊休農地を借りて南木曽で畑のサークルをしていた。時々、遊びにくるようになって、妻籠宿や地元の農家を訪ねたり、みんなで畑作業をすることから入った」

友人に紹介された南木曽町が気に入り、三輪さんは2016年、町の地域おこし協力隊員として移住。将来を見据えヤギ3頭を飼い始めました。その後、チーズ作りの腕を磨き、両親や地主の協力で2019年に念願の牧場をオープンさせたのです。

三輪亜希子さん:
「住んでみると、みんながすごくあたたかくて支えてもらったり協力していただいたので、本当に南木曽を選んでよかったなと思う」

牧場の敷地は約4500坪。ヤギたちは伸び伸びと日中を過ごしています。乳しぼりは朝夕の2回行います。

三輪亜希子さん:
「ヤギのミルクはすぐに冷やさないと余計なにおいが出やすくなってしまうので、すぐに冷やすことが大事。そっから先はチーズの仕込みまでは『企業秘密』」

「企業秘密」の低温滅菌や酵素・乳酸菌を入れる作業を経たものがこちら。水分を切って短いものは発酵させて1日で完成します。

一番人気のフレッシュチーズ「シェーブルナチュラル」。(130g税込み1020円)

(記者リポート)
「とても濃厚です。口当たりはなめらかでほのかな酸味もあり、クセは全くないです」

一方、白カビタイプなどは長いもので2カ月以上、熟成させます。

三輪亜希子さん:
「すごく作るのに手間がかかる。毎日、様子を見て熟成ものだとカビの生え具合とか様子を見て手を加えていかないといけなくて、出来上がった時に食べてみておいしいとすごくうれしい。それがすごく楽しくて」

現在、商品化している三輪さん自慢のチーズは11種類にのぼります。

しかし...。

三輪亜希子さん:
「通常ならここに(チーズ)いっぱい入ってる。寂しいですね」

新型コロナの影響は、三輪さんの牧場にも及んでいます。感染拡大を受けて今年5月から牧場の開放やショップの営業を休止しています。チーズの販売は、オンラインショップや都内のアンテナショップ「銀座NAGANO」などに限られています。

三輪亜希子さん:
「通常でしたらショップもオープンするので、そこでチーズをたくさん販売することができる。今はそれができないので販売面で厳しいし、絶えず誰かは来てくださるので、チーズやヤギのお話ししたり、それがモチベーションアップにつながったりしますから...」

移住で実現したヤギチーズの販売。新型コロナの影響で苦しい状況が続きますが、三輪さんは前向きです。感染が落ち着いたら再び牧場を開放し、ヤギチーズで南木曽町の名を広めたいと考えています。

三輪亜希子さん:
「安心してお客さまに来ていただいて、もっとチーズをたくさんの方に食べていただきたい。(南木曽町は)どんどん過疎地域で衰退していくのが寂しい。少しでもチーズを通して南木曽の名前を知っていただけたらうれしい」