「場外車券売り場」を国が設置許可 設置されれば長野県内初の公営ギャンブル施設に 市民団体が市に質問状

「場外車券売り場」を国が設置許可 設置されれば長野県内初の公営ギャンブル施設に 市民団体が市に質問状
長野県千曲市に計画されている「場外車券売り場」について、このほど国が設置を許可しました。市長は「住民が不安を感じないよう対応を求める」としています。

「場外車券売り場」は、千曲市の業者がパチンコ店の跡地に計画し、国はこのほど設置を許可しました。

設置されれば、県内初の公営ギャンブル施設となります。

きのう20日には、反対する市民団体が小川市長に質問状を手渡し、市の姿勢を問いました。

市長は懇談後、「国の判断に意見を言うことはない」としたうえで、こう述べました。

千曲市・小川修一市長:
「防犯、交通安全、景観などは配慮して、しっかり市民が不安を感じないように(事業者に)対応して頂きたい」

主張する女性の会・竹内悦子代表:
「子どもたちのこと、ギャンブル依存症、環境問題、何も考えてないんじゃないか、そんな進め方でよかったのか」