「鬼滅の刃」キャラクターを無断使用 ポスター1枚12万円で販売 男2人を書類送検 

「鬼滅の刃」キャラクターを無断使用 ポスター1枚12万円で販売 男2人を書類送検 
人気アニメ「鬼滅の刃」のキャラクターを許可なく使ったポスターを販売したとして、東京と神奈川の男2人が著作権法違反の疑いで書類送検されました。

著作権法違反の疑いで長野地方検察庁諏訪支部に書類送検されたのは、東京都のアルバイト従業員の男(19)と神奈川県の会社員の男(46)です。

アルバイト従業員の男は去年11月、ダウンロードした「鬼滅の刃」の画像で印刷会社にポスターを作ってもらい、会社員の男に1枚6万5000円で、兵庫県の女性に1枚8万円で販売した疑いです。

購入した会社員の男は、偽物と知りながら、そのポスターを長野県富士見町の30代女性に1枚12万円で販売した疑いが持たれています。

女性が茅野警察署に相談して発覚し、2人は「遊ぶ金を稼ぐためだった」と容疑を認めているということです。