16市町で確認 県内の新規感染者48人 2月以降で最多 長野市は28人...過去2番目の多さ

16市町で確認 県内の新規感染者48人 2月以降で最多 長野市は28人...過去2番目の多さ
長野県内で新たに48人が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。このうち長野市は28人です。

感染が確認されたのは、10歳未満から80代までの48人です。一日の発表では、2月以降、最多となりました。

16市町で確認され、長野市28人、松本市・上田市・安曇野市・須坂市・千曲市で各2人、佐久市・小諸市・東御市・諏訪市・飯田市・塩尻市・佐久穂町・御代田町・飯綱町・山ノ内町で各1人となっています。長野市では過去2番目に多い感染者数となりました。

長野市内の医療機関では2つの病棟で別々の「集団感染」が確認されています。このうち一つの病棟で新たに80代男性の感染が明らかになりました。この病棟での感染者は6人になりました。また、もう一つの病棟では、これまでに患者・職員あわせて19人の感染が確認されています。長野市保健所はこの医療機関名を明らかにしていません。

なお、長野赤十字病院は7日までに患者・職員あわせて26人の感染を公表しています。

小布施町の新生病院では、新たに50代男性職員の感染が判明し、病院関連の感染者は20人となりました。

新規感染者48人のうち、現時点で感染経路不明は15人です。

県内の感染者の累計は3030人。入院中は144人で、そのうち中等症が28人です。受け入れ可能な病床の使用率は25.8%となっています。