半額も! 宿泊・スキーがお得 『県民割』再開 観光事業を支援 知事「経済活動のアクセルを」

半額も! 宿泊・スキーがお得 『県民割』再開 観光事業を支援 知事「経済活動のアクセルを」
感染拡大のペースが落ちついたとして、長野県は観光事業などの支援を強化し誘客を図ります。県内に住む人を対象にした、いわゆる「県民割」を再開、宿泊やスキーがお得になります。

長野県・阿部守一知事:
「状況を見極めながら少しずつアクセルを踏んでいく状況」

阿部知事は16日夜、産業、経済活動の支援を強化する考えを示しました。その一つが、感染拡大により一時停止していた県民同士で支えあう、いわゆる「県民割」の再開です。

19日からは、県内の同居家族または1人で県内施設に泊まる場合に使える「家族宿泊割」をスタートします。

割引は、1人1泊あたり3000円から5000円。宿泊事業者または旅行会社で支払いする時に割引されます。期間は19日から来月31日までの宿泊を対象とします。

また、県内スキー場の1日リフト券が半額になるキャンペーンも行います。販売は19日から、5月31日までの予定で県内在住者に限りアウトドアなどの予約サイト「アソビュー!」から購入できます。

県は、改めて利用者や事業者に感染対策の徹底を呼びかけます。