長野県全域『医療非常事態宣言』受け... 県民「拡大防ぐため考えて行動したい」「密を避けたい」

感染者が急増する中、長野県はきのう14日、「医療非常事態宣言」を出しました。県民も警戒を強めています。

松本市でインタビュー:
「余計に気を付けなければいけないと身に染みた」

15日朝のJR松本駅前。松本圏域では、感染者が急増していることもあり、警戒を強めていました。

県は14日、病床使用率が4日連続で50パーセントを超え、医療体制のひっ迫が懸念されるとし「医療非常事態宣言」を出しました。人との接触を極力減らす、大人数・長時間の会食を控えることなどを呼びかけています。

県民からは「自分でできる対策を徹底したい」などの声が聞かれました。

松本市でインタビュー:
「自分から密を避けて気を付けていこうと思う」
「買い物も手短に。出かけるときに考えながら行動したい」