プロ野球へ!飛躍誓う年末年始 DeNA・牧秀悟選手 西武・水上由伸選手 地元の期待背負い

プロ野球へ!飛躍誓う年末年始 DeNA・牧秀悟選手 西武・水上由伸選手 地元の期待背負い
この春、長野県関係では6人の選手がプロ野球入りします。そのうちの牧秀悟選手と水上由伸選手が新年の抱負を語りました。

力強いスイングを見せるのは、横浜DeNAベイスターズに入団する牧秀悟選手です。この年末年始は、中学時代に所属していた長野市の「若穂シニア」の練習場で、自主トレに励みました。

牧秀悟選手:
「追い込んでます。こんなんで追い込まれたらやばいですけど」

兄を追って小学1年で野球を始めた牧選手。若穂シニア時代に基礎を叩き込まれました。

牧秀悟選手:
「野球の厳しさを教えてもらいましたし、勝利に対するこだわりを中学の時から身に付けていたので、高校・大学と勝負にこだわっていけるようになった」

記者:
「野球をやめようと思ったことは?」

牧秀悟選手:
「ないです、一回も。好きですね、大好きです」

松本第一高校を経て中央大学に入学。強靭な下半身が生み出す力強いバッティングでレギュラーの座をつかむと、大学ジャパンの4番も任されました。

その活躍がベイスターズの目にとまリ、ドラフトで2位指名を受けました。

牧秀悟選手:
「自分がこうして自由に大学までできたのは親のおかげですし、ここからは自分の結果で恩返しするしかないので、頑張っていきたい」

年末の激励会では恩師などからエールが送られました。

中学時代の恩師・滝沢栄監督:
「罰を与えられてずっと草むしりをしていた。このビニールハウスからプロへの第一歩を踏み出してもらいたいと思ってます。頑張れ、牧秀悟!!」

今年の目標は―。

牧秀悟選手:
「目標としては開幕一軍でチームを鼓舞できるような選手に。新人王を目指せるのは1・2年しかないので、そのチャンスを逃さないように1年目からガンガンいってアピールしていきたい」

4日に宮田村役場を訪れたのは水上由伸選手。小田切康彦村長に、西武ライオンズへの入団を報告しました。

野球を始めたのは小学4年生のとき。山梨県の高校を経て、進学した四国学院大では最速150キロのストレートを武器に、リーグ戦で最多勝などを獲得。西武ライオンズから育成枠5位で指名されました。

8900人余りの村から生まれた、初めてのプロ野球選手。早くも後援会「由勝会」ができるなど、期待が高まっています。

宮田村・小田切康彦村長:
「大変、厳しい世界だと思うが、大いに期待しています」

早速、サインを求める野球少年もいました。

サインをもらった少年:
「やっぱりかっこいい。テレビでも1軍の試合で見れられるすごい選手になってほしい」

年末村に戻り、自主トレを行ってきました。

水上由伸選手:
「地元で過ごせたので、これから埼玉に行って、『やるぞ』という気持ちに改めてなれたのでよかった」

練習相手になったのは、中学時代のチームメイト。活躍を期待しています。

中学時代のチームメイト・田中陽平さん:
「宮田村の代表として一軍で輝く姿を見せてほしい」

目標は―。

水上由伸選手:
「最多勝です。ここを目標に、まずは支配下登録を目指したい。村全体で支援してもらったので、期待に応えられるように頑張りたい」

この春、プロの選手として第一歩を踏み出す2人。

2人とも6日から寮に入り、新人合同自主トレを経て来月のキャンプインに備えます。