11月29日は"飯田焼肉の日"「日本一の焼き肉の街」をPR 地元出身のニッチロー'さんも祝福

11月29日は"飯田焼肉の日"「日本一の焼き肉の街」をPR 地元出身のニッチロー'さんも祝福
長野県飯田市の食と言えば、焼き肉。「日本一の焼肉の街」として、地域に根付いた食文化を活性化につなげようと、11月29日が「飯田焼肉の日」という記念日に登録されました。

飯田市で人が集まると始まる「焼き肉」。花見にも欠かせない文化です。

地元の精肉店などで作る団体が調査した結果、人口1万人当たりの焼き肉店が、全国の市で最も多いとして、「日本一の焼き肉の街」とPRしています。

全国に広めたいと11月29日に行ったのが...。

日本記念日協会の代表理事:
「名称『飯田焼肉の日』、日付『11月29日』。おめでとうございます」

「いい」「にく」の語呂合わせで、11月29日を「飯田焼肉の日」として日本記念日協会に認められました。

式には、地元出身で市の焼肉大使を務めるものまね芸人「ニッチロー'」さんも登場。この日のために新調した、背番号「11.29」のユニフォーム姿を披露しました。

飯田焼肉大使・ニッチロー'さん:
「背番号がきょうは違う。数字は重いけど、暗い日ではなく晴れやかな日になった」

市民も「焼き肉」で登録を祝いました。

地元の人:
「(魅力は)みんなで楽しくお肉を食べられるところ。家でも(記念日には)作ってほしい」
「月2、3回やる。記念の日ができればやろうとなるだろうし、うれしく思う」

飯田焼肉大使・ニッチロー'さん:
「今までで一番うまい。記念日に制定されて、その日に食べる焼き肉は。リニアが開通するので、飯田の駅に降りた時に焼き肉の匂いがしてくるくらいにしたい」

今後も記念日にイベントを開くなどして焼肉の魅力を広げていきます。