安全かつ正確に 臨床検査技師のためのPCR検査研修会

新型コロナウイルスの感染者が増加する中、長野県飯田市でPCR検査などを確実に実施するための研修会が21日、開かれました。

これは県臨床検査技師会が技術を共有し、検査を確実に実施してもらおうと開いたもので、6つの医療機関から25人の臨床検査技師が参加しました。
研修では器具の取り扱いや検体採取時の汚染防止方法などを確認し、実際に個人防護衣を着用して検体を採取する研修も行われました。
PCR検査は遺伝子を扱うため、他の物質が混入すると正確な検査結果が得られず、細心の注意が必要ということです。