夢の世界へ! ドラフト 県関係6人指名 家族・恩師も祝福 DeNA2位・牧選手の母「感謝忘れずに」 

夢の世界へ! ドラフト 県関係6人指名 家族・恩師も祝福 DeNA2位・牧選手の母「感謝忘れずに」 
26日に行われたプロ野球のドラフト会議。県関係では育成選手を含め6人が指名を受けました。あこがれのプロの世界へ。本人はもちろん家族や恩師からも喜びの声があがっています。

横浜DeNAベイスターズから2位指名を受けた中央大・牧秀悟選手。

牧秀悟選手:
「まずは小さいころから夢だったのでこうして入団できるというのはホッとしている」

牧秀悟選手は中野市出身。松本第一高校を経て、中央大学に入学し大学日本代表の4番も務めた右のスラッガーです。

地元では両親がドラフト会議の様子を見守りました。

「ヤッター!」

牧選手の父:
「自分で努力して、小さい頃から泣きながらやっていたこともあるので、それがやっと報われたというか...」

牧選手の母:
「今まで支えて下さった方に感謝して、その感情を忘れずにやって欲しい」

松本第一高校時代の監督・桜井正孝さんは...

松本第一高校・桜井正孝監督:
「まずはおめでとうと、ゆくゆくはチームを引っ張っていくような選手になってもらいたい」

即戦力として期待のかかる牧選手。地元の期待も胸に球界を代表する選手を目指します。

牧秀悟選手:
「一番の目標は2000本安打も掲げているので、右バッターで日本を代表するような選手になるのが目標」

元山飛優選手:
「世界一のショートストップ(遊撃手)を目指してやっていく」

佐久長聖高校出身で東北福祉大の元山飛優選手は、東京ヤクルトスワローズ4位指名です。

高校時代の恩師・佐久長聖藤原弘介監督は...

佐久長聖・藤原弘介監督:
「本校からまだプロ野球選手が出ていないということで、元山選手を皮切りに、どんどんプロ野球で活躍する選手が出てくれたらうれしい」

上田西高校の高寺望夢選手は阪神タイガースから7位で指名されました。

高寺望夢選手:
「将来的には首位打者を取れるような選手になりたい」

育成枠では、信濃グランセローズの赤羽由紘選手と松井聖選手がヤクルトから、宮田村出身で四国学院大学の水上由伸選手が埼玉西武ライオンズから指名を受けました。

県内ではかつてないほどの「豊作」となった今年のドラフト。あこがれのプロの世界へ6人の選手が新たな一歩を踏み出します。