警察動かした女子高校生が「宣言」 『横断歩道の事故防止』を調査 交通安全運動出発式

来週21日から秋の全国交通安全運動が始まるのを前に、長野県庁で出発式が行われました。

秋の全国交通安全運動の県内の重点項目は「横断歩道における歩行者保護の徹底」です。出発式では屋代高校3年の松本瞳子さんが交通安全宣言をしました。

屋代高校 3年・松本瞳子さん:
「思いやりを持った運転と歩行者のマナーでみんな信濃路を利用できるよう取り組んでいく」

松本さんは事故防止のため、横断歩道での車の停止率の調査を続け、歩行者側からも渡る意思を伝えるため「手を挙げる」という基本マナーの徹底を県警に訴え、すでに今月1日から県内で行われている「横断歩道ルール・マナーアップ運動」のきっかけを作りました。

県警によりますと、歩行者の事故の3割は横断歩道を渡っている時に起こっているということで、今回の安全運動では改めてドライバー、歩行者の両方に注意を呼びかけます。