台風災害から1年を前に 長野市長が被災地訪問 住民と意見交換「ハードとソフトで防災」

台風19号災害から来月で1年を迎えるのを前に、長野市の加藤久雄市長が被災地を訪問し住民と意見を交わしました。

長野市・加藤久雄市長:
「相変わらず、お元気で」

加藤市長は定期的に被災地を訪問していて、16日は豊野地区の住民交流拠点を訪れました。

住民:
「改築・改修した人がまた元気に住めるようにしてほしい」

長野市・加藤久雄市長:
「氾濫しても住宅の方へは来ないようにはなっている。多少、農地の方へは来ても」

住民からは、浅川の内水氾濫対策やコミュニティの維持を求める意見が寄せられました。

続いて訪れた長沼支所では、感染対策をしながらの避難所運営などを改めて確認しました。

長野市・加藤久雄市長:
「台風の大型化やゲリラ豪雨が頻繁に起きている。堤防の整備含めてハードだけでは守れない。ソフト面は住民が助け合いながらどう非難するか、どうやって命を守るか。国や県にも意見を言って進めていきたい」