女性を襲ったクマか 成獣オス捕獲 上高地のキャンプ場 専門家「長雨の影響で餌少なく...」

今月9日に長野県上高地のキャンプ場で女性にけがをさせたとみられるクマが13日、捕獲されました。ただ、クマの出没が相次いでいることから当面、キャンプ場の閉鎖は継続します。

画面右側から現れた1頭のクマ。上高地の小梨平キャンプ場の防犯カメラが、今月9日の午後9時ころに撮影した映像です。

クマはゴミ捨て場で食料を探しているとみられます。そのちょうど1日前、同じとみられるクマがキャンプ場でテント4張りを襲いました。

女性1人が足をひっかかれけがをしました。公園管理事務所はこのクマが捕獲されるまでキャンプ場を閉鎖していました。

(記者リポート)
「クマはきのう早朝、この辺りで目撃されました。その後、山側に入ったところで死んでいるのが見つかりました」

公園管理事務所によりますと13日朝、クマが出没。専門家が麻酔による捕獲を試み、一度逃げられましたが、周辺の捜索中に死んでいるクマを見つけたということです。

体長は1.4メートル、体重はおよそ150キロの成獣のオスで、事故を起こしたクマとみられるということです。

小梨平キャンプ場の運営会社・斉藤正仁常務:
「なぜクマが出没して事故起きたか検証して、対策を実施してから初めてオープンできる」

ただ、周辺では他のクマの出没も相次いでいることからキャンプ場の閉鎖は当面、継続し、侵入を防ぐための対策を進めるということです。

一方、こちらは今月6日にNBSのカメラが長野市戸隠でとらえたクマの映像です。飲食店の敷地内に現れ中に入ろうとしているようですが、途中であきらめその場を去っていきました。

県環境保全研究所によりますと、長雨の影響で山には餌となる木の実が少なくクマが人里に降りてくる可能性があるとして注意を呼び掛けています。