新たに5人感染 飲食店クラスター関連…利用者の子ども2人、従業員1人 長野市…2人

感染拡大がとまりません。長野県内で新型コロナウイルスの感染者が新たに5人確認されました。大北地域の飲食店のクラスター関連で3人、長野市で2人です。県内の感染者は累計で145人となりました。

県が発表したのは3人で、安曇野市の20代の女性、大町市の女子高校生と男子中学生です。3人はクラスターが発生した大北地域の飲食店と関連しています。

20代の女性は、従業員。女子高校生と男子中学生は、この飲食店を利用して感染が確認された40代男性の子どもです。この店ではこれで13人が感染。また、その家族2人が感染したことになります。

14日、感染が判明した3人は無症状か軽症で、県は、不特定多数への感染の恐れは低いと見ています。

一方、長野市は2人の感染を発表しました。20代の男性と30代の女性です。

20代の男性は今月8日から10日に東京に滞在、複数人と会食していました。長野市に戻ってから11日に症状が出て12日、医療機関を受診。13日、陽性が判明しました。

30代の女性は10日に症状が出て11日に医療機関を受診。13日、陽性が判明しました。発症前2週間は市の外に出ていないということです。

現段階で男性の濃厚接触者は家族以外の3人、女性は同居家族3人とそれ以外の2人となっています。

県内の感染者は累計で145人となりました。