群馬から佐久に帰省 女子学生が「新型コロナ」 知人が感染 帰省前に接触 症状なし

群馬県から長野県佐久市に帰省していた10代の女子学生が新型コロナウイルスに感染していたことがわかりました。県内の感染者は140人となりました。

感染が確認されたのは、群馬県から佐久市に帰省していた10代の女子学生です。女子学生は7日に自家用車で帰省し佐久市に滞在していました。

その後、7日以前に群馬県の感染者との接触が確認されたため「濃厚接触者」として12日、県内の感染症指定医療機関を受診。検査の結果、陽性が判明しました。症状はないということです。濃厚接触者は帰省先の家族3人です。

県によりますと、女子学生は県内滞在時にほとんど外出していないということで、現段階で不特定多数に感染が広がる可能性は低いとしています。

県内の感染者は累計で140人となりこれまでに104人が退院しています。