異例のお盆 台風19号被災地で墓参り 堤防決壊から10カ月 住民「実家に集まるのは今年やめる」

異例のお盆 台風19号被災地で墓参り 堤防決壊から10カ月 住民「実家に集まるのは今年やめる」
13日は迎え盆。台風19号災害で被害を受けた長野市の寺にも朝から多くの人が墓参りに訪れています。

先祖の霊に手を合わせる住民。長野市津野の妙笑寺には朝から多くの人が訪れました。新型コロナの影響で、「異例のお盆」となっています。

豊野町の住民:
「例年ですと実家に集まるんですけど、今年はやめておこうということで、ご先祖さまにはゆっくり家で休んでほしい」

また、13日は台風19号で千曲川の堤防が決壊してから10カ月。被災した人も多く訪れていました。

実家が穂保地区:
「仏壇も全部流されちゃったから。先祖を大事にしてやっていくしかない」

津野地区の住民:
「復興住宅にも入れさせていただいて感謝です」