厳しい暑さ…7地点で『猛暑日』 上田、長野など37度超え 熱中症の疑いで90代男性が意識不明の重体

厳しい暑さ…7地点で『猛暑日』 上田、長野など37度超え 熱中症の疑いで90代男性が意識不明の重体
11日も本当に暑かったですね。上田や長野など長野県内4地点では37度を超えました。涼を求め水遊びができる場所や、かき氷店がにぎわいました。

気持ちよさそうに水遊びする子どもたち。佐久市の市民交流広場は、親子連れでにぎわいました。佐久の最高気温は今年最高の36.6度まで上がりました。

子ども:
「きょうはとにかく暑い」
「かんかん照り~」

高気圧に覆われた県内。ぐんぐんと気温が上がりました。最高気温は、上田37.6 度、長野37.2度など7地点で35度を超え猛暑日となりました。

(記者リポート)
「昼過ぎの長野市です。日傘をしていないとしっかりと目を見開けないほど、強い日差しが照り付けています」

こんな日に食べたくなるのが、「かき氷」です。こちらの店では今月は先月の2倍ほどの売り上げだということです。

客:
「暑くて涼みに…おいしい」

一方、11日、熱中症の疑いで搬送された人は午後5時で現在25人。このうち中野市の90代の男性は自宅の庭で倒れているのが見つかり、意識不明の重体だということです。

12日以降も暑さが続くため、引き続き熱中症対策が必要です。