飯山が2年連続の決勝進出 プロ注目のエース・常田が好投 打線もつながる 高校野球長野県大会

熱戦が続く夏季高校野球長野県大会。2連覇をめざす飯山と強豪・佐久長聖が決勝に駒を進めました。

第一試合は、上田西と去年優勝した飯山が対決。序盤はエース同士が三振を奪いあい、得点を許さないまま4回を迎えます。

2本のヒットで2アウト1・3塁のチャンスをつくると5番竹下。初球を右中間に運び2点を先制しました。

飯山もすかさず反撃。3番塚田のソロホームランで1点を返します。同点に追いつき迎えた6回裏には、6番田中のライト前ヒットで勝ち越しに成功。飯山が2年連続で決勝にコマを進めました。

飯山高校・常田唯斗投手:
「(決勝は)きょうみたいに自分のピッチングをして野手のみんなに支えてもらって勝っていけたら」

2試合目の強豪対決は佐久長聖が8回に一気に6点を入れ、都市大塩尻を9対2で下しました。

決勝戦は10日、オリンピックスタジアムで行われます。