ベスト4懸け…夏の高校野球県大会 上田西―松商学園 岡谷南―飯山 最終回にドラマ  

ベスト4をかけ熱戦です。長野オリンピックスタジアムで夏の高校野球県大会・準々決勝の2試合が行われました。両試合とも最終回にドラマが待っていました。

第1試合は、上田西対松商学園の強豪同士の対戦。

2回に1点を先制した松商学園。5回、バッターは2番の菱田。ライトへのホームランで1点を追加します。

その裏、上田西がすぐさま反撃。2番・原のツーベースヒットで1点を返します。

1点を追う最終回。上田西は、2アウト2塁から4番・清水がツーベースヒット。土壇場で同点に追いつきます。

勢いにのる上田西は、延長10回、ノーアウト2塁、3塁…。中村が犠牲フライを放ち、サヨナラ勝ちでベスト4進出を決めました。

第2試合は、岡谷南と昨年の優勝校・飯山との対戦。

飯山は、初回、5番・鈴木のヒットで鮮やかに先制。4回にも1点を追加します。
飯山のマウンドは、プロ注目の常田。3回までゼロに抑えますが、4回…。

岡谷南は、5番・五味のタイムリーなどで同点に追いつきます。

6回、飯山は小技に長打も飛び出し一挙4点。岡谷南を突き放します。

その後、両校とも得点を加え、飯山が3点リードで最終回を迎えます。粘る岡谷南は、打線がつながり、ついに1点差。ツーアウト2塁、3塁、バッターは、5番・五味。

最後は、三振で試合終了。

飯山が岡谷南の追撃をふりきり、ベスト4に進出しました。

飯山高校・常田唯斗投手:
「最後もバテバテでなんとか勝ったので、明日休んで、また次に備えられたら」

6日もベスト4をかけ2試合が行われます。