6年ぶりの御嶽山『王滝頂上』 規制解除で登山者戻る 葛藤、今も…噴火体験者「生き残って申し訳ない」

6年ぶりの御嶽山『王滝頂上』 規制解除で登山者戻る 葛藤、今も…噴火体験者「生き残って申し訳ない」
2014年の噴火から続いていた御嶽山「王滝頂上」に登るルートの立ち入り規制が1日、解除され、6年ぶりに一般登山者の姿が戻りました。

規制は午前8時前に解除され、青空の下、登山者が王滝頂上を目指しました。2014年9月の噴火では58人が死亡、今も5人が行方不明のまま。王滝頂上付近でも多くの人が犠牲になりました。

6年ぶりに一般登山者の姿が戻った王滝頂上。黙祷する人の姿もありました。

黙祷した男性:
「まだ見つかっていない人がいるので、早く見つかってほしい。そうしないと本当の意味で元の山に戻ったという気がしない」

あの日、噴火を体験した人も王滝頂上へ。

噴火を体験した男性(愛知県):
「あっという間の6年。私だけ生き残って申し訳ないというか…。頑張って生きていきます」

王滝頂上に登れるのは午前7時からは午後2時まで。解除初日は70人が訪れました。