小中学校の『水泳授業』 自治体で異なる判断 実施の小学校 プール、更衣室「3密」対策は?

小中学校の『水泳授業』 自治体で異なる判断 実施の小学校 プール、更衣室「3密」対策は?
小中学校の水泳授業です。今年の夏は、新型コロナの影響で自治体によって対応が分かれ、長野市などでは中止としました。一方で、対策を徹底し実施に踏み切った市もあります。須坂市の小学校を取材しました。

須坂市の井上小学校の水泳授業。

児童:
「泳ぐのが楽しい」
「"けのび"とかして泳ぐのが楽しかった」

一見、いつもの夏と同じ光景ですが...。

井上小学校・小林まり子体育主任:
「プールはできないもんだって思っている子たちも多かったので、やるよって言った時に『よかった』っていう声が聞けたのが一番うれしかった」

須坂市では新型コロナの影響で中止も考えましたが、最大限の対策を講じて実施することにしました。

スポーツ庁は「密集・密接を避ける事を前提に実施することは差し支えない」とし、対策が難しい場合は、実施を控えるよう全国の教育委員会などに通知しました。

県内の自治体では対応が分かれています。長野市、千曲市、中野市、安曇野市が中止。いずれも、更衣室での密対策、消毒など、国の衛生基準のクリアが難しいことなどを理由に上げています。

一方、須坂市、佐久市、塩尻市、飯田市などは、対策を徹底し実施することにしました。

ただ、長野市では、水の怖さを知ることは安全教育上、欠かせないとして、1年生のみを対象に、民間のプールなどで基本的な技能を学ぶための校外授業を行っています。

では、井上小学校ではどんな対策をとっているのでしょうか?まず、更衣室では...。

(記者リポート)
「女子児童が着替えをおこなっていますが、女子更衣室と男子更衣室の両方を使い、中が密にならないように対策をとっているということです」

「3密」を回避するため、女子は、男子と女子の更衣室を利用。男子は教室や体育館を使うことにしました。

プールでは...。

井上小学校・小林まり子体育主任:
「もうちょっと離れて」

プールサイドには、目印をつけ、「密」を避けるための目安としています。

消毒も徹底...。

井上小学校・小林まり子体育主任:
「子どもたちが元気にプールの学習を進めてくれることが一番の幸せなので、これから残り少ないですけど、楽しんで授業をさせてあげたいなと思っています」

「ウィズコロナ」の水泳授業。
学校では、試行錯誤の日々が続きそうです。