2022年04月23日(土)の放送内容

子宮頸がん

  • 長野市民病院 婦人科
    森 篤さん

  • 聞き手
    吉岡 麗アナウンサー

1.子宮体部のがんは原因がはっきりとわからない

2.かかる人は多い

3.20歳代から増えてくる

4.諸外国では減少傾向だが、日本は増加傾向

5.検診をしないと見つからない

6.2つの遺伝子タイプは発がん性が高い

7.DNAがタンパク質の膜で覆われている

8.発がん性の高いHPVが持続感染するとがんになる

9.侵入したウイルスが内部に住みつく

10.感染しても、がんになるのはわずか

11.子宮の入り口部分の細胞を採取して検査

12.がんと疑われる部分を採取する

13. 子宮頸部を円錐状に切り取る

14.後遺症は術後も続くことが多い

15.放射線による治療が主流となっている

16.感染を防ぎ、検診で早期発見

17.厚生労働省の方針が変更になった

18.抗体がウイルスを撃退する

19.ワクチンの予防効果がわかってきた

20.定期接種で変調を起こす女子が出たため、積極的推奨は中止された

21.調査で接種と体調不良に因果関係は認められなかった

22.ワクチンを打たなかった人に救済措置がとられる

23.子宮頸がんはワクチンで予防し、検診で早期発見が重要

番組からのお知らせ

お問い合わせはこちら