2021年12月25日(土)の放送内容

すい臓がん

  • 厚生連南長野医療センター篠ノ井総合病院消化器内科
    児玉 亮先生

  • 聞き手
    吉岡 麗アナウンサー

1.成人の平均は、長さ15~20㎝、厚さ2㎝、重さ60~100g

2.消化液とホルモンを作るのが役割

3.すい臓がんは患者、死者数とも増加傾向

4.がんの中でも最も生存率が低い

5.見つけにくい上に、有効な治療法が確立されていない

6.すい臓がん特有の症状はない

7.危険因子を複数有する場合は特に注意が必要

8.ステージⅠの初期段階が必ずしも治るわけではない

9.手術が最も治る可能性のある治療法

10.2㎝以下で見つかるのは、わずか5%

11.血液検査ですい臓がんを発見することは難しい

12.それぞれの検査結果を組み合わせて診断を進める

13. 細胞の採取により、がんの確定診断が可能

14.すい臓がんが心配なら、まず超音波検査

15.がんと疑われる所見

16.過剰生産する細胞ががん化する危険がある

17.がんによってすい管が狭まることがある

18.すい臓になんらかの異常があるとがんができやすい

19.8割の人が症状が出てから病院を受診

20.すい臓がんを早期に発見する取り組み

21.すい臓がんは早期に発見することが重要

番組からのお知らせ

お問い合わせはこちら