2021年11月27日(土)の放送内容

難治性アレルギー性鼻炎

  • 長野赤十字病院     アレルギー科 
    小林 法元先生

  • 聞き手
    吉岡 麗アナウンサー

1.適切な治療を受けないため、症状が改善しない場合もある

2.鼻汁、鼻づまり、くしゃみが現れる

3.「感作」はアレルギーを起こす準備が整った状態

4.体にとって不都合な免疫反応が起こり発症する

5.職業性は職場では症状が出るが、自宅では無症状

6.花粉症は増加傾向、通年性アレルギー性鼻炎は横ばい

7.4歳までは「感作」の段階なので、症状が出ない

8.樹木は春、草花は夏と秋に飛散

9.長野県や北海道はシラカンバの花粉飛散が多い

10.草花の花粉は飛散範囲が狭い

11.花粉症患者が特定の食物を食べると発症

12.交差食品を食べて違和感があれば、病気の可能性がある

13. アレルゲン検査で風邪などの感染症と鑑別

14.原因物質を避けるのが治療の第一歩

15.花粉症は樹木の花粉への対応が重要

16.薬によって症状を抑える

17.飛散する前から治療を始めることが有効

18.体質を改善する治療法

19.自宅でも簡単にでき、効果もある

20.どの治療法も一長一短がある

21.スギ花粉症に有効な最新の治療法

22.効果のある治療法も開発されているが、まだ費用が高い

番組からのお知らせ