第51回科学放送高柳賞 優秀賞を受賞

2020年6月26日に放送しました
「NBSフォーカス∞信州 クマとタマ~軽井沢・ベアドッグの取り組み~」が、
2020年度 第51回科学放送高柳賞で優秀賞を受賞しました。

kumatotama_keiji.jpg

【番組概要】
軽井沢町の森に生息し、人里近くに出没するツキノワグマをほえて森の奥へと追い払い、人の平穏な暮らしを守る「ベアドッグ」。
人とクマの共存を目指す軽井沢町で、クマ保護管理対策事業に取り組むピッキオが、日本で初めてベアドッグの繁殖プロジェクトに挑んだ。
これまでアメリカから輸入していたベアドッグを、軽井沢で出産から育成、訓練まで手掛ける。
生まれた子犬が全てベアドッグになるわけではなく、素質を見極め、適性がある犬のみが訓練によってベアドッグとなる。
番組は、繁殖に取り組むピッキオのハンドラー(飼育兼訓練士)田中純平さんを中心に、ベアドッグの「タマ」が出産・子育てに奮闘し、子犬たちがデビューするまでの2年間を追った。

ディレクター:東澤鈴美
カメラ・編集:吉川勝義

kumatotama_ph.jpg