gone girl 村上早展

人間の心の傷や悩みを銅版から浮き上がらせる……。欠損や喪失など不自由な心象風景を金属の硬い板に刻み付け、薄い和紙に刷り取ることで昇華させる独創的な世界。このたび上田市立美術館では、版画というジャンルを越え、現代アートとして人々を魅了する銅版画家 村上早の個展を開催いたします。本展は、制作を始めてから現在までの縦横1メートルを超える大作、未公開作品及び小品を展示する初の大規模展となります。想像力を喚起させる作品との出会いをどうぞお楽しみください。

村上早

銅版画家。1992年群馬県生まれ。2011年武蔵野美術大学入学時から銅版画を始め、大学院在学中の2015年に「FACE 2015 損保ジャパン日本興亜美術賞」優秀賞、「第6回山本鼎版画大賞展」大賞、「トーキョーワンダーウォール賞」などの連続受賞を機に注目を集める。心の傷を銅版画特有の工程に重ねて紡ぎだす作品は、国内外に多くのファンを持つ。

会期

2019年1月12日(土)~3月17日(日)※火曜休館

会場

サントミューゼ上田市立美術館

時間

9:00~17:00(最終入場16:30)

観覧料

<当日券>
一般800(600)円 高校・大学生600(400)円 小・中学生400(200)円
※( )内は当日20名以上の団体、障害者手帳携帯者・介助者1名

<前売券>
一般600円
※小中学生、高校大学生の前売券はなし、当日券のみ

プレイガイド

サントミューゼ上田市立美術館ミュージアムショップ
セブンチケット

〔前売券発売期間〕2018年11月23日(金・祝)~2019年1月11日(金)

関連イベント

◇アーティストトーク(作家本人による作品紹介)
日時:2019年1月19日(土)14:00-15:00
参加方法:展覧会観覧券をお求めください。

◇トークイベント “傷”と“痛み”
水原涼著『蹴爪(ボラン)』で出会った3人が作品づくりや表現について語ります。
出演:水原涼(作家)、鈴木成一(グラフィックデザイナー)、村上早(銅版画家)
日時:2019年2月3日(日) 13:30~15:30
場所:市民アトリエ・ギャラリー  
参加費:1000円(展覧会観覧券付き)
定員:先着50名 
参加方法:1月13日(日)~26日(土)に電話で美術館までお申込みください。
(火曜除く9:00-17:00)

◇ギャラリートーク(学芸員による見どころ解説)
日時:2019年2月10日(日)、3月9日(土) 13:30-14:15
参加方法:展覧会観覧券をお求めください。

◇ナイトミュージアム 
美術館の開館時間を延長します
日時:2019年3月2日(土)-19:00(最終入館18:00)
※対話型鑑賞時には、会場内が賑やかになる可能性があります。
 ご理解賜りますようお願いいたします。

◇対話型鑑賞会
参加者同士で作品の印象などを自由に語りながら鑑賞します。
日時:2019年3月2日(土)17:00-18:00
参加方法:展覧会観覧券をお求めください。

主催 

上田市(上田市立美術館)/上田市教育委員会/NBS長野放送

お問い合わせ

サントミューゼ上田市立美術館 TEL:0268-27-2300
https://www.santomyuze.com/museumevent/murakami_saki/