個人情報保護

NBS個人情報保護方針

株式会社長野放送は、情報通信技術が高度に発達し個人情報の利用が拡大する社会において、視聴者はじめ皆様の個人情報をさまざまなリスクから保護することは、放送事業を営む者として、とくに重要な社会的責任と認識しています。
 そこで、個人情報の保護に関する法律(以下「法」という)等に基づき、つぎのとおりNBS個人情報保護方針(以下「本方針」という)を定め、これに基づいた自主的なルール及び体制を確立し、全従業者に周知徹底することにより、個人情報の適正な取扱いに努め、個人情報保護に万全を期します。
 また、「法」に定める義務規定の適用除外となっている報道・著述分野の取扱いについても、放送の社会的使命と同法の精神に照らし、別途ルールを定めて、個人情報の適切な保護に努めます。

個人情報の取得について

個人情報の取得は、適法かつ公正な手段によって行い、何のために使うのか利用目的等を明確にします。

個人情報の利用及び保存について

個人情報は、特定された利用目的の範囲内で、業務上必要な限りにおいて、正確かつ最新の内容で利用するよう努力します。
また、個人情報は、保存期間のあるものは、これを最短に定め、保存期間終了後とともに確実に消去します。

個人情報の第三者提供について

個人情報は、法令で定める場合又はオプトアウト方式による場合を除き、本人の同意を得ることなく、第三者に提供することはありません

個人情報の安全管理について

個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏えい等を防止するため
必要な情報セキュリティ対策を講じるとともに、定められた責任者の下で、個人情報を安全に保護する体制を構築し、厳重に管理します

個人情報の監督・啓発について

個人情報を取り扱う従業者又は委託先に対し、適切な監督と必要な研修・教育を行います。

個人情報の監督・啓発について

個人情報を取り扱う従業者又は委託先に対し、適切な監督と必要な研修・教育を行います。

個人情報の苦情・開示等について

自己の個人情報について、本人が苦情又は開示等を求めた場合には、必要な手続きを経た上で、こうした求めに誠実に対応します。

個人情報に関する法令・規範の遵守について

個人情報に関し適用される法令・規範を遵守します。

個人情報コンプライアンス・プログラムの維持・改善について

「本方針」を実施するため、個人情報コンプライアンス・プログラム(個人情報保護の管理体制および仕組み)を維持し、継続的に改善するよう努めます。

個人情報の漏洩・滅失等の事実の公表について

万一個人情報の漏えいなどがあった場合は、速やかに適正な措置を講じます。

平成18年7月1日
株式会社 長野放送