坂本アナ ブログ(あさちゃんねる!)

プロフィールを見る

雨の思い出

県内も、いよいよ梅雨入りとなりました。

私は、雨が降るとつい憂欝になります

でも、気分が落ち込みかけると同時に、微笑ましい思い出も蘇るのです


【産経新聞 長野版 6/7(木)掲載】「雨の季節に思うこと...」 坂本麻子

 靴箱からサンダルを取り出したとき、また季節が進んだことを実感しました。
 もう、雨の季節です。雨に多くの恩恵を受けていることはわかっていても、ムシムシするし、服はぬれるし...。
 つい、憂鬱になってしまいます。
 でも、そんなブルーな雨の日には、雨が好きだった愛犬の姿が、お約束のように蘇ります。
 彼女は雨が降ると、用事もないのに外に出て、わざわざぬれに行きました。
 普段は水を怖がるくせに、なぜか雨は大好き。
 長い毛が乾くのには時間がかかるし、風邪をひいたら大変と、引き戻したことも何度もありました。
 それでも、彼女の雨空を見上げる目は、無邪気で本気。
 その情熱に負け、雨を楽しむ彼女の姿を見守る私、という構図ができあがりました。
 今では、雨が降って憂鬱な気分になると、彼女の姿が思い浮かびます。
 「雨、楽しいやん。遊ぼうよ」。
 おかげさまで、フッと笑いがこみ上げてきて、愛犬の親友だった雨をいとおしく思えるのです。




晴れ間が恋しいことに変わりありませんが、
雨を楽しみにできるような思い出も、
これから増やしていければと、思います